1. ホーム > 
  2. 日本ライフ製薬について

日本ライフ製薬株式会社は、最先端再生医療研究所
インターナショナル・ステムセル社のグループ会社です。

インターナショナル・ステムセル社はロシアの世界的権威のある細胞生物学者エレナ・レバゾバ博士が2005年に設立しました。現在は、米国カリフォルニア州とメリーランド州に最先端設備を備えた研究施設を置き、世界中から選ばれた50名以上の細胞生物学者が難病治療の為に再生医療研究に取り組んでいます。

この研究により国際特許を130以上取得(※1)の実績を有し、パーキンソン病や肝疾病、角膜損傷の再生など、最先端再生医療の発展に役立っています。

  • 肝疾病


    肝疾病

  • 角膜損傷


    角膜損傷

  • パーキンソン病


    パーキンソン病

私たち「日本ライフ製薬」は、インターナショナル・ステムセル社のグループ会社として、最先端幹細胞研究により誕生した卵子幹細胞(HSC-X)をスキンケアに取り入れ(※2)ました。


※1 2013年現在 ※2卵子幹細胞(HSC-X)は「ライフラインベーシック モイスチャーセラム」に配合

今、ヒト幹細胞はスキンケアを変える


幹細胞とは、人体のあらゆる組織に変わることのできる無限の可能性を持った細胞の源です。しかしスキンケアにおいては、数ある幹細胞の中でもヒト由来の卵子幹細胞でなければ、皮膚トラブルに対しての改善効果が無いことが研究によって実証されています



ヒト肝細胞vs植物肝細胞

インターナショナル・ステムセル社は、世界で初めて人間の未受精卵から卵子幹細胞(HSC-X)を作り出すことに成功しました。



キュートメーターとビジオスキャンの画像解析による研究

キュートメーターとビジオスキャンの画像解析による研究(AMA Labsが実施:2013年6月)

卵子幹細胞(HSC-X)に含まれる成長因子

EGF 上皮細胞成長因子
ターンオーバーに働きかけます。
FGF10 線維芽細胞成長因子
コラーゲンやエラスチンなどを生成する線維芽細胞の働きをサポートします。
FGF2 塩基性線維芽細胞増殖因子
血管・皮膚・筋肉などの細胞に作用します。
KGF ケラチノサイト成長因子
皮膚表面のバリア機能を高め、肌荒れがしにくい丈夫な肌へ導きます。
TGFβ2トランスフォーミング成長因子
線維芽細胞でコラーゲンやエラスチンを生成をサポートします。
HGF 肝細胞成長因子
肝臓の細胞を増殖する働きがあります。

●卵母細胞は安全なの?

日本ライフ製薬に使用されている卵子幹細胞(※)は、人間の卵子を特殊技術により疑似受精させ、非胚性の状態で細胞を分裂させるものです。卵子幹細胞の元となる卵母細胞は、厳正な審査をして選ばれた30名の健康な女性ドナーから提供を受け、特殊技術による疑似受精卵のため、受精卵を途中で壊すという倫理的な問題をクリアにしています。そのため、アメリカで影響力のある人権団体、宗教団体からも抗議なしと承認されています。

※卵子幹細胞(HSC-X)は「ライフラインベーシック モイスチャーセラム」に配合

ページトップへ